2017/08/12(土) 西九州3日目③ 有田

そこから何でか知らないがすっごい渋滞していた。

迂回しながら有田に向かう。途中丸山に遅れる旨を電話してもらった。

なんとか有田ポーセリンパークに到着。

園内で迷いながらも焼き窯工房へ到着した。係員の方が快く迎えてくれた。

各自何に絵を描くか決め、料金を支払う。

自分はマグカップにした。案野さんは湯呑、丸山は皿にするようだ。

係員の方の超早口な説明を聞いて、いざ絵入れの実践である。

こうなったら焼くときに割れますよみたいな説明が結構怖い。

2005年修学旅行、と描かれた割れたマグカップを手に説明されていた。

12年前の修学旅行生の割れたのをずっと使っているわけではないだろうな。

スタンプもあるようで全員で取りに行った。

セラミーくんなる謎のキャラクターのスタンプがあった。

なぜか3人から人気だった。

イラスト集もあったが難しすぎて手に負えそうになかった。

結局何を描くか迷いに迷って自分はぐるっと世界地図を描くことにした。

案野さんは模様を描いていた。丸山は田川市の市章を描いていた。

案外難しいどころではなかった。全然きれいな線が描けない。

結局めちゃくちゃな線になってしまった。

焼き上がりを楽しみにしながら焼き窯工房を後にする。

結局届くのは9月ということだ。結構時間がかかるらしい。

外には謎の西洋風の建物があった。

何かの博物館やらウエディングのなんかを兼ねた建物らしい。

裏庭もあってきれいだった。そして建物かと思ったら全部門だった。

この先に宮殿でもないと変な感じである。

そもそもこのポーセリンパーク、結構変わった施設な気がしてきた。

土産物屋に行き、施設を後にする。

三瀬に行くか行かないか迷ったが、帰ることになった。

波佐見有田ICから乗る。一瞬だけ長崎県に入った。

それから3時間半運転して新山口駅に到着。

ポプラで2人にカステラを渡してから降ろし防府に帰った。

今回の旅行で九州の要所はほとんど抑えることができた。

次は3人で三瀬村に行ってみたい。

広告を非表示にする

2017/08/12(土) 西九州3日目② 伊万里

そこから南下していく。30分くらいかけて、福島という島に入った。

福島は長崎県の島だが橋で唐津から行けるらしい。

昨日鷹島行ったしということで興味本位で行ってみた。

島の観光案内を見ても特に何もないようだった。

島をぐるっとドライブする。

マリンスポーツを楽しんでいる集団がいて、そういう目的の島かと思う。

防波堤の横で体を焼いている中学生がいて笑ってしまった。

ガスのでっかい工場を見て、景色を一望して島を出る。

三瀬に行こうという話もあったが時間的に厳しそうだ。

さらに南下して、伊万里の道の駅でごはんを食べることにした。

この時点で昼の1時を回っている。20分くらいかけて道の駅伊万里へ。

想像以上の大盛況だった。今までどこにいたの、というくらい人がいる。

レストランも結構並んでおり結構待つようだ。

その隙にこの次のことを話し合う。

結局有田焼の文字入れをしてみようということになった。

事前に候補として挙がっていたものである。

ダメもとで焼き窯の方へ電話してみたらまさかのOKだった。

今後の予定が決まり安心してご飯を食べる。

自分は伊万里牛小ねぎ丼みたいなやつを食べた。

しょうゆと伊万里牛とねぎが合いすぎてて美味しかった。

最後の方はねぎしょうゆ丼みたいになったがそれでも全然大丈夫だった。

案野さんはステーキ定食というわんぱくなものを食べていた。

ステーキを1切れもらった。美味しかった。

ゆったり過ごしていたが案外目的地が遠いことが分かった。

エイヒレとか買おうかなとか思ったがさっと出発することにした。

広告を非表示にする

2017/08/12(土) 西九州3日目① 呼子

朝は7時に起きた。

駐車場が8時までらしいのでさっさとチェックアウトした。

唐津城が見える駐車場で朝ご飯を食べた。

唐津の街をぐるっと1周し、給油を済ませ浜崎駅へ。

到着時刻を若干間違えていたが無事案野さんと合流。

3日目からは3人の旅になる。

虹の松原を抜けていく。めちゃくちゃ松が多かった。

発電所の横を通り、山を登って下って呼子に到着した。

なかなか車を停められず隘路を爆走する羽目になった。

呼子の朝市は活気があった。

自分は萬坊でイカ焼売を買った。イカスミサイダーも衝動買いした。

結局呼子ではなぜか3人揃って100円のアイスキャンディーを食べた。

車に戻って「旨味の一滴」なるタレをかけ焼売を食べる。

一滴のはずがひたひたになってしまった。けどうまい。

イカスミサイダーはぬるいし変な味だしよく分からん味だった。

袋にごみを入れワイパーのところにひっかける。旨味の一滴のにおいが凄い。

名護屋城跡に向けて出発する。

誰かの陣跡とかがナビ上に表示されていた。

途中道の駅桃山天下市というところに寄った。

名護屋城跡に到着。坂の上に大きな資料館があった。

すごく大きな建物なのに入館無料らしい。

無料なのに中もおしゃれだった。2Fが展示室らしい。

中は名護屋城関係の歴史やら美術品が展示されていた。

佐賀大学の学生が作った、センサーで感知する展示物もあり楽しかった。

名護屋城の昔の様子を作ったジオラマがありじっくり見た。

奥の資料室に入ると山口県の地名辞典なるものがあったので読んだ。

案野さんが変な婆さんにひたすら話しかけられていたのでスルーした。

割と長い時間を過ごし資料館を後にする。

名護屋城跡の方に行こうと思ったがこっちは100円かかるらしい。

こっちはまあいいや、となってスルーして帰った。

料金取る方逆じゃね?と3人で話しながら坂を下りた。

広告を非表示にする

2017/08/11(金) 西九州2日目④ 唐津

鷹島を抜けて唐津に入る。中心部までは20分くらいかかった。

ホテルの周りをうろうろした後ラーメンを食べに行った。

塩ラーメンと餃子を食べた。すっきりしていて美味しい。

丸山はラーメン大を食べている。

今晩の客は自分で最後だったようで暖簾が下ろされた。

ファミマに寄ってからホテルへ向かった。

フロントの女性によるとホテルの駐車場に停めるのには金が500円かかるらしい。

それと温泉に入るのは22時からだそうだ。

というわけで唐津駅前まで歩き、少し飲むことにした。

適当な店に入った。

あまり食べる気はなかったが、全ての料理が美味しい。

まず刺身がうまい。焼き鳥もうまい。明太ポテトもうまい。

絶品料理ばかり出てくる。

これで丸山が完全にスイッチが入ってしまった。爆食いである。

店主に勧められるままステーキやホルモン、生春巻きを注文していた。

さっきこいつ大ラーメンとミニチャーシュー丼食べてたはずだが。

握り寿司盛り(8貫1300円)も注文した。

寿司は金沢で食べたのと比べ物にならないくらい美味しい。

ネタの厚さ、シャリの甘さ加減、醤油、わさび、全てが完璧。

ステーキ1切れと生春巻き1つももらったがめちゃくちゃ美味しかった。

店主や女将さんとの話も盛り上がった。

こんな店が山口にもあればいいのに。

丸山は結局全部食べていた。満腹になったらしい。

結局2人で1万くらい食べた。

2人とも大満足で店の写真を撮り、当たりだ何だと言いながら帰った。

ホテルでさっき店にいた外人集団とすれ違う。

その後は天然温泉に浸かる。いい湯だった。

明日どうするかの話をしてから就寝。

丸山がよく分からんラジオを気に入っていた。

広告を非表示にする

2017/08/11(金) 西九州2日目③ 松浦

そこからさらに北上していく。

途中道の駅佐世保ックス99という訳分からない名前のところに立ち寄る。

甘い香りが漂う道の駅だった。

松浦市に入る。発電所の前を通って、御厨港に到着。

ここからフェリーで鷹島に渡る。

今日の最終目的地は唐津になっている。

鷹島という島にフェリーで渡り、港から反対にある橋を通り、唐津へ。

別に乗らずに唐津まで直行してもいいが、気分を変えてみようということだ。

鷹島にも訪れてみたかったらしい(丸山が)。

正直計画を立てる際に悪乗りした面もある。

鷹島には舟唐津(ふなとうづ)港と阿扇(あおう)港があるらしい。

おばちゃんに「ふなからつこうまで」と言って少し恥をかいた。

丸山にふってふってグレープを2本なぜか奢る。

車を乗せて船内へ。案外乗客が多い。

海にはブイがいっぱい浮いている。何かを養殖しているっぽい。

途中青島という島にも寄港した。

フェリーでしか行けない完全な離島なので、多くの乗客が降りていった。

青島港は小学生が塀に絵を描いたような感じでとても可愛らしかった。

しばらくして鷹島に到着した。降りる客は自分たちと2組だけだった。

そのまま鷹島をぶらつく。

鷹島も坂を登る系の島なので見晴らしがよかった。

海中ダムというものがあるらしいので立ち寄ってみた。ダムだった。

道の駅鷹ら島(たからじま)に寄り、橋を渡って唐津に入った。

広告を非表示にする