綾鷹ステマクラブ

旅行記とか雑感とか、忘れる前にとりあえず書いてます。

2015/08/10(月) 紀伊半島縦断1日目 7

10分くらい経つと、目的地の潮岬(しおのみさき)灯台に到着。

本州最南端の地である。

駐車場では金を取るようだが誰もいない。営業終了?

車を降りる。鍵が回らないし抜けない。なんなんだ。

灯台の方に歩く。トイレがあったので用を足す。

いろんな種類の虫がいる。用を足しているときに飛び回らないでくれ。

小便の時間って小便器に拘束される時間でもあるよな。

通り魔とかが刺しに来たらどう逃げたらいいんだろう。簡単に止まらないし。

トイレを出ると景色がすごい。波の音がバッサンバッサン言ってる。

残念ながら、灯台も営業終了だった。

閉門した門の下に、大人200円と書いてある。

こういう営利的なことをせず、無料開放だったら入れたのだろうか。

それとも軍事的な理由で夜は閉めてるのかな?分からん。

なんかこのまま帰るのも惜しいよなと思う。

時刻は18時45分。辺りは暗くなってきていた。

灯台の右に道があったので、とりあえず進んでみた。

坂を下った先に暗い道が見える。案野さんは嫌そうだったが行ってみることに。

街灯はない。道がどんどん暗くなる。高まる肝試し感。

坂を下りたところに鳥居。くぐると鎮魂碑が立っていた。

3人ともちょっと黙る。

お盆前。この時間帯。鎮魂碑。マジすか。

どうやら、山田中将という英霊を祀ってある神社のようだ。

結構怖い。いや昼間に来てたらどうということはないんだろうけど時間的に。

とりあえず手を清め、進んでみることにする。

階段があったので上がる。後ろで何か走っている。たぬき?

山田さんには悪いけど、ほんと不気味。

階段を上がると神社があった。

本堂の中には灯りがついている。

薄暗い中に、朱色がかった灯りがぼんやりと浮かびあがっている。

無論、他のところに一切灯りはなく、人がいる気配もない。ひっそりしている。

不気味、最高潮。

多分罰当たりなことをしたら一瞬で何かしらの災厄が降りかかりそう。

お賽銭を入れ、お参りし、失礼のないように外に出る。

こんな時でも呆けたお願い事をしてしまうから呑気なもんだ。

心なしか早歩き。

階段を下り、坂を上る。鎮魂碑に向かって礼。

鎮魂碑の右に階段がある。上がった先には祠があるようだ。

自分は怖いもの見たさで行ってみようかと思ったが、2人が断固拒否。

仕方ないので坂道を上がる。丸山曰く、あれはたぶんやばいとのこと。

怖い話とかした。

「晩御飯食べに行ったらお客様4名様ですか~って言われる」とか。

人家を発見。神主さんちかな?

車に戻るころにはすっかり暗くなっていたのでライトを点け出発。

潮岬できれいな夕日を見るはずだったのに、なぜか神社で怖い思いをすることに。

まあこれはこれで旅の一興である。

でもなかなか怖いところだったなあ。よりによってこの時期、この時間。

本州最南端の地を後にし、1日目最後の目的地、那智勝浦へ向かう。

広告を非表示にする