綾鷹ステマクラブ

旅行記とか雑感とか、忘れる前にとりあえず書いてます。

2015/08/29(土) ハマスタ・東京1日目 3

土曜日の中華街は人が多かった。

でも、ごった返すという表現を使うほどではなかった。

とりあえず食べ歩くことに。

世界一の肉まんを謳う店に入った。

すごい小さいミニ肉まんを100円で売っていた。

日高さんはミニ肉まんとミニなんとかまんを1つずつ買っていた。

自分は角煮まんにした。

店を出ると若干雨がぱらついていた。

歩きながらとりあえずまんを食べる。生地がもちもちしていておいしい。

角煮の味もしっかりしていて流石である。

日高さんのもおいしいらしい。

ただパックの中ですごい崩れていたのが印象的だった。

店員が動きのぎこちない中国人だったからだろうか。

そのまま歩いて他の店に。

小籠包を売っている店が2つあったが、2つとも凄い行列だった。

よく見たらパンフレットに載っている店だ。そりゃ殺到するわ。

1周して空いてたら行ってみようかということになった。

その先にあった店の何かに日高さんが惹かれたらしく、ふらふら入っていった。

フカヒレ入りなんとか餅(中国語だから忘れた)を買うらしい。

3つ入りなので1つ頂くことにして、自分は細長い春巻を買った。

日高さんも何か買っていた。春巻きはエビの味が効いていてうまい。

なんとか餅は焼きたてを提供するらしく5分ほど待つ。

おじゃマップがこの店に来た時の映像を無限ループで流していた。

香取慎吾ザキヤマが店に来て、結局買わなかった映像だった。

いや買わんかったんかい。

たぶん誰もがそうつっこむはず。

すごい油の中で焼かれたなんとか餅を受け取り、店を後にした。

なんとか餅は熱くてうまかった。

昔から思うけど、フカヒレの味はよく分からん。

しらたきとこっそり変えられてても気付かないと思う。

あのブーメランみたいのを煮たやつにかぶりつかないと味は分からんのだろう。

路地に入り、見上げると門が改修中だった。

これはあの有名な 中 華 街(斜体)の看板ではないのか。うーん運が悪い。

路地でなんとか餅を食べきり、どっかの店に入ることにする。

高級店から安いセットメニューの店までピンキリだ。

日高さんが安い店に入りかけたが、いやいや待ってくれと。

安い店に入るなら山口で王将に入るのとあんま変わらんやろ。

と言うと、どうせ入るならそれなりの店に入ろうということになった。

こういうとき意見がすっと一致するから一緒に行動しやすい。

しばらく歩くとおいしそうな店があったので、入店。

優しそうな怖そうなおじさんに案内されて席についた。

麻婆豆腐と黒い?茶色い?炒飯を注文した。

刀削麺も頼もうかと思ったが胃袋と相談してから頼むことにした。

思っていたより早く麻婆豆腐が来た。

レンチンを疑い、皿を触ったが皿は全然熱くなかった。

2分くらいで作るとかはや!とか思っていたら炒飯も来た。

ドラえもんのグルメふろしきレベルの速さだぞ。

麻婆豆腐は思ったより辛くなく、いい塩梅の辛さでいわゆる辛うまだった。

炒飯ももらった。不思議な味の炒飯である。

油の旨味がするから、何かしら黒っぽい油を使って味と色を付けてんのかな。

マー油かな?と思い日高さんに聞いてみたら日高さんはマー油を知らなかった。

豆腐もうまい。食感もちょうどいい。とろみも絶妙。

大絶賛の昼食となった。

デザートの杏仁豆腐とタピオカミルクを頂いて店を出た。

おじさんはにこやかに送ってくれたがやっぱりちょっと怖さのある人だ。

流暢な中国語を喋っているのを聞いた。バイリンガルかあ。

外に出るとちょうどいい四阿があったので休憩することにした。

中でさっきの会計についてのやりとり。

大学生っぽい集団がはとにえさをやっていた。

まったりとした時間が流れる。

10分くらい休憩し、四阿を後にする。

ソフトクリームを売っている店があったので、買った。

なんか中国人が機械に悪戦苦闘し、結局バニラを買うことになった。

出来上がったソフトクリームはまあ、うん、はい。

手相の店に興味を惹かれながら中華街を更に進んだ。

広告を非表示にする