読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾鷹ステマクラブ

旅行記とか雑感とか、忘れる前にとりあえず書いてます。

2015/08/29(土) ハマスタ・東京1日目 6

かくして試合が始まった。

砂田の投球練習が荒れている。立ち上がり不安定なのかな?

1回表。初球を丸がレフトオーバーの2ベース。

球場大興奮。砂田の立ち上がりを一気に崩したいところ。

菊池が送って3番・鈴木誠也。

犠飛でもいい場面だったが、三振。せめて転がすとか。

球場にあ~…という声が響く。

しかしエルドレッドが三遊間を抜き、1点先制。

やっぱ生でタイムリーを見るのは嬉しい。

前見に来たときはカープ完封負けしたからなあ。

新井さんは凡退して1回表が終了。

1回裏。

黒田が投げている。あの黒田が投げている。

それだけで死にそうになる。生きているうちに見れてよかった黒田。

投球練習も割と安定している。

DeNAの攻撃を難なく三者凡退に抑えた。

2回表。6番・梵からの攻撃。

2アウトになり石原。石原ヒット→黒田凡退で次1番からがいいな。

と思っていたら本当にそうなった。

実は黒田は連続打席無安打記録をかつて持っていた、と日高さんと話す。

2回裏、黒田はDeNA打線を一切寄せ付けない。

3回表。流れはカープに来ている。

1番・丸。粘ってフォアボールで出塁。この試合は丸がなんか持ってる。

2番の菊池はバントだかバスターだかヒッティングなんだか分からない。

ブレブレだった。

案の定内野ゴロ。…と思ったら内野安打になった。

これは完全にカープに流れが来ている。ここでもう1点欲しいところ!

鈴木誠也が3塁線に見事なバントを決め、1死2・3塁に。

次!!エルドレッドー!!!

と思ったら空振り三振だった。

新井さんも空振り三振。

4・5番が連続三振して流れが完全に止まった気がした。

3回裏。ああいう拙攻の後って流れがあっち行くんだよねえ。

膀胱がやばいのでトイレに行った。

DeNAオリジナルビールを2つ買って席に戻る。

歓声が聞こえてくるので嫌な予感がする。

席の方に戻ると、2塁にランナーが見えた。

自分の席に戻ったとき、ちょっとビールをこぼしてしまう。

悲鳴をあげてしまい注目を浴びる。

せっかく防水のオルトリーブのリュックの中にビールをこぼすという愚行。

これまで小雨からしっかり中身を守ってくれていたのに。

文庫本とか着替えにビールがかかってしまった。泣ける。

まいいや。とりあえず乾杯! うまーーーーーーい!!!!!!!

糖質制限でハイボールばかり飲んでいたので、久々のビールがうまい。

球場で飲むビールの美味しさがやばかった。ビアガーデンに通じるものがある。

球場で、夜で、暑さと歓声の中で、っていうのも、なんか、いい!

あまりにも居心地が良かったのでちょっと酔ってしまった。

たまちゃんに勢いでLINEする。

試合をあまり見てなかったけど、嶺井がヒット、砂田が送ったらしい。

下園と柳田はそろって凡退して、点は入らなかった。

なんとなく下園は今日は打たない気がする。

両チームとも、流れが掴みそうで掴まない感じだ。

たまちゃん(33)とLINEのやりとりをしてテンションがあがる。

4回表になった。田中の大きなファールもあったが、無得点。

4回裏。

梶谷がヒットを打って筒香。なんかやばい気がする。

と思ったら梶谷がすかさず盗塁。分かってるなあ。

やっぱり筒香に打たれ、同点にされてしまった。黒田ー!!

ロペスが凡退してバルディリス

すごくコンパクトなスイングに切り替えているように見える。

1・2番は打たなそうだけど、3~6番が怖いなあ。

バルディリスの3球目、センターに抜ける当たり。

あっ、と思った。

次の瞬間、黒田が右手を出してボールを止めた。

田中が捕って内野ゴロか?と思ったが、三遊間にボールが転がる。

筒香が帰り、逆転を許す。うわー、黒田ー!

後続の7番山下、8番嶺井は連続三振。バルの失点がもったいなかった。

山下に関して言うと打つ感じが全くしない。バルは四球でもよかったかも。

5回表。今日のキーマンに勝手に認定した丸からの攻撃。

やっぱりレフト線に2ベース。無死2塁。

流れを持って行かれかけたところを取り戻すいい攻撃だ。

山下・嶺井三振からの丸の2ベース。

ここで点を入れられれば、DeNAの流れは完全に止めることができる。

2番・菊池。いけー!!!

と思ったら見逃し三振。くそう。砂田はいい投手だなあ。

3番・鈴木誠はファールフライ。球場もブーイング。

ゴロ2つでも1点入る状況なのに、もったいないことをする。

4番・エルドレッド。決めてくれー!

3塁席にものすごいファールを打ち込む。気迫が伝わる打席だ。

が、3塁側に大きな大きな内野フライを打ち上げてしまった。

バルディリスと柳田が追う。

2アウトなので丸はホームイン。エルドレッドも2塁までほぼ到達していた。

滞空時間の長い長いフライだった。

風はホームに向けて少し吹いていた。

全ての観客がボールの行方を追い、一瞬球場が静かになる。

・・・

柳田、落球。

横浜ファンの悲鳴とカープファンの歓声で、ハマスタが揺れた。

カープが2-2の同点に追いついた。

広告を非表示にする