読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾鷹ステマクラブ

旅行記とか雑感とか、忘れる前にとりあえず書いてます。

2015/08/30(日) ハマスタ・東京2日目 8

その後はお土産を物色。

日高さんは会社の人達50人にお土産を買うらしい。

大盤振る舞いですよ。やりますねえ。

自分は誰にも買わない。東京に行ったことは秘密にしている。

日高さんは東京とかTOKYOとか刻まれたお土産を買っていた。

1人1人に佃煮を買う案を提案したが、却下された。

お土産売り場も人でごった返していた。レジ待ちの列が長い。

突然の腹痛に襲われ、トイレに行った。

疲労により視力低下が著しくなってきたので眼鏡を装着。

視界がクリアになった途端、遠くの電光掲示板がふと目に留まった。

「保安検査はお早めに!!」

できれば30分前に来いとか。

「お土産を選んでいたら飛行機に乗り遅れたのが旅の思い出」とか。

ユーモラスに書いてあるけど家族一同げっそりだろうよ。

「駆け込み搭乗は絶対におやめください!」

やっぱり飛行機の搭乗トラブルとか多いんだなあ。

早め早めに行動しなきゃだわ。肝に銘じておかなくてはならない。

そう思いながらうんこをした。

帰り道、レストランを見つけた。

時間あるから日高さんと行こうかな。

そして保安検査のところにいたお姉さんにいろいろ聞く。

19時15分離陸なんですがいつ来たらいいですか、と具体的な質問をした。

18時45分に来て頂けると大丈夫ですとのことだった。

よし言質取ったぞ。何かあったらこのお姉さんに責任を取ってもらおう。

日高さんを食事に誘うと快諾。レストランへ。

大山高原なんとか鶏のクリームパスタとナスとトマトのピザを注文。

できあがるまでレジ前で待った。5分くらい待つらしい。

お代は割と安かった。

5分後、注文したものが出来あがったので急いで席に戻る。

この段階で18時25分だったので、巻きで食べた。パスタだけに。

交換しつつ食べる。いやめっちゃうまいわ。

食べ終わったので、早めに保安検査場に並ぶ。

左端のレーンは搭乗時刻が迫っている人のレーンらしい。

一応聞いてみたが、自分たちのレーンで大丈夫だそうだ。

服のベルトとかがひっかかったりしたが、なんとか通過。

飛行機の検査はマジ過剰反応とかいうレベルじゃない。

ペットボトル飲料も別で検査をするみたいだ。

ガソリンとかサリンとか怖いもんな。

空は逃げ場がないから疑心暗鬼にならざるを得ないのは分かるけど。

すごい厳重だなあ。

保安検査場のゲートから搭乗口へ向かった。

中にはコンビニだの店だのが乱立していた。

なるほど。物資の補給は保安検査を済ませてからでもできる。

日高さんと確認しあう。お土産売り場はさすがになかったけど。

動く歩道を歩き、曲がるべき道を間違えたりしながら、搭乗口に来た。

まだ全然時間に余裕があった。日高さんはトイレに、自分は売店に。

売店は閉まりかけだったが快く対応してくれた。

からだすこやか茶をゲットする。

自分たちは5番目の席なので、最後の方に搭乗した。

自分たちの席はと言うと、ド真ん前だった。

前には壁であり、3Dモニター?みたいなのがある。

常に案内が二重に見える。遠巻きに見たら普通に見えるんだろう。

本と携帯だけ持ち、あとは全て棚に放り込んだ。

横に座る女性がとてもきれいな人だった。珍しい。

たまたま横になった人がきれいな女性である確率は相当低い。運がいい。

疲れが吹っ飛ぶような幸運だ。

飛行機はなかなか離陸しなかった。遅延があるようだった。

何分か遅れでやっと離陸。離陸前のコロコロ移動タイムが長かった。

時計を見ると、本来乗る予定だった飛行機はとっくに山口に着いていた。

日高さんはと言うと、なんJが見られないので暇そうだった。

というわけで自分のiPhoneを使って将棋。

割といい勝負なような気がしたが負けた。くそ、つええぞ。

終始押され気味だったのは否めない。

ただ、日高さんは途中自分が王手をかけられているのを見逃していたのだ。

それを忠告した訳だからこれは結局引き分けなのだ。

とか脳内では考えたが飲み込み、負けを認めることにした。

将棋で頭を使うと疲れて眠くなった。

日高さんは寝た。自分は小説を開く。3冊持ってきて正解だった。

横の女性は「和巳の場合」とかいう謎の本を読んでいた。

トイレにまた行きたくなったので機内の最後尾へ。

1番前から1番後ろへ。ゲルマン民族もびっくりの大移動だ。

機内サービスのCAさんに大迷惑をかけながら用を足した。

席に戻ると横の女性の顔がはっきり見えた。きれいな人だなあ。

機内アナウンスが、そろそろ宇部に着くことを告げた。

広告を非表示にする