2015/12/28(月) 北陸一周1日目松本~高山 2

松本市に降り立ったのは定刻の11時50分だった。

お昼前だというのに、ひんやりとした空気が頬を掠める。

寒いというよりも「ひやい」という方が適切かもしれない。

気温というか温度が低いって感じ。

しゃれた通路を抜け、キャリーバックを取り、空港の外に出る。

うわー、寒いわ。

防府で育った自分にはなかなかきつい気温だぞ。今年初めて息も白いし。

とりあえず、ほぼ一目散に駅に向かうシャトルバスに乗り込んだ。

出発まで割と時間があった。

車窓からアルプスの絶景が見えた。

到着時刻から10分遅れでバスが松本駅に到着。

料金を払う際、うしろに乗っている外人がモタモタしていた。

寒すぎるのでマフラーを着用した。ちょっとマシ。

松本駅を一瞥。なんか広告だらけで何駅なのか分かりづらいな。

「北陸経済新聞」の看板が一番目立つ。

というかMI DO RI ってなんだろう?

いろいろ話しながらトヨタレンタリースに向かう。

なんとかラクティスを調達する。ここからはずっと車の旅だ。

松本城へ向かった。

途中、やっぱり高い山がずーっと見えている。

今日の最終目的地は高山市だ。つまり今日、あれを越えるわけだ。

なかなか険しいドライブになりそう。わくわくするね。

松本城がいつの間にやら右手に見えていた。

開智小近くの駐車場に停め、近くのそば屋に入った。

丸山はざるそばを注文。自分はかも南蛮を頼んだ。

いなりと味噌のなんとかいうやつも頼んでみた。

注文が来るまで何分かかるかゲームをして見事敗北した。

そしてそばが15分くらいかかって到着。

何もかもうまい。かも南蛮がだしがきいていておいしかった。

蕎麦湯は使い方が分からなかったので残念ながら放置された。

いなりが本当に死ぬほどおいしかったのでなぜか丸山にやった。

大満足で店を出る。

その足で松本城に向かった。どうやら背中の方から来たらしい。

でも城ってどの方向から見ても同じよね、リバーシブルやね、というクソ会話。

北側入り口から入り、南側の正門を目指した。

途中でやたら浅い堀があり、これが撮影ポイントとして最高だった。

雲ひとつない青空と天守閣が湖面に写り、見事な逆さ城になっていた。

これはなかなかすごい風景だ。

外国人観光客も大満足のご様子である。

澄み切った青空、大迫力の雪山、天守閣。

松本城は今まで見た城の中で最もきれいなのではないかと思った。

そしていろいろ城の敷地内へ。

いかをくるくる回して干すアレみたいなやつが木にまとわりついている光景とか

時代劇っぽい恰好をした男女とか、いろいろ見た。

城内へ。

広告を非表示にする