読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾鷹ステマクラブ

旅行記とか雑感とか、忘れる前にとりあえず書いてます。

2015/12/28(月) 北陸一周1日目松本~高山 5

旅行 北陸…松本・岐阜・富山・石川・福井

ホテルを出て、ちょっと街をぶらぶらした。

高山駅は今建て替え中のようで、プレハブみたいになっている。

にしても、寒い。フル装備でも体が芯から冷えていく。

体力を奪われていく。目が開かねえ…

とりあえず丸山が見つけた店に向けて歩いていった。

店は居酒屋・ラーメンという謎の売り文句らしい。

高山ラーメンというご当地ラーメンがあるらしく、気になっていた。

アーケードには美味しそうな店もあったが、閉まっていたり、高かったりした。

結局商店街を抜け、街灯の少ないところまで来た。

こういうところの暗い路地って怖いよな。

そして目的の店に到着。しかしなんと、店は貸切だったのである。

これはしょうがない。適当に店を見つけようということになった。

見ると近くに高山陣屋というものがある。

丸山はそれを見るのが目的だったらしい。

門の辺りにはテントがある。ホームレスでもいるのだろうか。

丸山によれば朝市のテントらしい。よく知っているなあ。

見学の時間はとうに終わっていたので、門の辺りを見る。

真っ暗の中に提灯の明かりだけが灯っている。

なかなかに不気味だなあ。潮岬のあの神社みたい。

写真を撮る。写真も雰囲気がこええよ。

ふと後ろから、変な外人が近付いてきた。こわっ

外人は自分達には話しかけず、1人で陣屋の敷地内にある朝市のテントを見ていた。

なんでこう不気味なものには不気味なものが寄ってくるんだろう。

商店街の中ほどに戻る。

すごく混んでいるお店があり、そこにしようかと迷う。

だが寒空の下で30分待つのは死んでしまいそうだという意見が採用される。

そんな訳で隣の店に入った。

注文したのはラーメンと、飛騨牛のにぎり。

丸山は同じラーメンと飛騨牛の串を頼んだ。

飛騨牛のにぎりはおいしかったが、ラーメンはふつう。

インスタントで家でも食べられそうだなーという印象。

代金を払ったものの、ちょっと満足できていないので2軒目に行くことにした。

高級焼肉店に入ってしまうか迷ったが、あまりにも高いので断念。

見つけた村さ来に入った。

おいしくビールを飲んだりご当地の飛騨牛コロッケを食べたりした。

大衆居酒屋ってだいたいそこそこ完成度のものを提供するよな。

2人でカウンターで飲んでいたが、横に変なじいさんが座った。

セーラー帽をかぶり、アコースティックギターを持ったじいさんだ。

1人で来たようだ。一体何者なんだろう…

特に会話することもなくすぐ出ていったが気になるじいさんだった。

あれこれ居酒屋で話した。

途中スキー場近くの宿から電話があり、雪がなくてやばいっすみたいな内容だった。

スキーができないのはやだなー。楽しみにしてるんだけどなー。

その後は酒2杯で酔ってしまい、店内のBGMで歌っていたような記憶がある。

おごるから適当に飲めー!と言った結果6000円の支払いになった。

そんな食べたっけか。まあいいか。

2軒目に行ったことで財布に大打撃なのであった。

帰り道、寒空を歩いていると酔いも覚めてしまった。

高山駅の周辺にてお土産を買った。さるぼぼの置き物だ。

外人の大群がすげえ。さっきの商店街も外人だらけだったし。

高山市って外人にそんなに人気があるのね。意外。

ホテル1Fのファミマもとんでもない人だった。

そして列の大半が外人だった。

アジア系が多い。白人もわずかにいた。

適当にファミマでものを買いホテルに戻る。

時計を見てびっくりしたが、まだ22時にもなっていない。

体感時間がなかなかずれている。日暮れが早いからなあ。

ユニットバスに苦戦しつつ入浴。

運転に神経をすり減らしたのでちょっと疲れがあった。

すぐ寝ようかと思ったが明日のルートを話したり話したりして遅くなる。

本を読んだりして、結局日付が変わるくらいまでは起きていた。

目覚ましは丸山が6時半にセット。

のはずが、奴は適当なので6時22分とかいう時間にセットした。まあいいけど。

やっぱり寝つきは悪く1時くらいまで起きていた。その辺から記憶はない。

広告を非表示にする