綾鷹ステマクラブ

旅行記とか雑感とか、忘れる前にとりあえず書いてます。

2015/12/29(火) 北陸一周2日目高山~輪島 1

2日目の朝は6時過ぎに目が覚めた。

なんか寒い。暖房が切れている。ふとんも下に落ちている。

よくかぜひかなかったなあと思いつつふとんを拾い上げ暖房を付けた。

だらだらしているうちに6時22分になり、目覚ましが鳴り始めた。

2回くらいですぐ切ると丸山も起きたようだった。

テレビを付け、天気を見る。

朝の情報番組の左下に、七尾とか岐阜とかの天気が表示されている。

旅行先で見るローカルな天気予報ってなんかいいよね。

見ると、夜の間に雪が降ったようで、街が白くなっていた。

かばんを片付け、身支度を整えて、7時にホテルをチェックアウト。

ラクティス氏の雪化粧がやばかった。

ワイパーで無理やり雪を払うもなかなか取れない。

仕方なく手袋をはめた手でどさどさ雪を落としていった。

車内が寒すぎる。カーナビに入力する手が震えている。

とりあえず白川村に向けて出発する。

しかしまあ道がしゃりしゃりしている。

郷に入っては郷に従えということで、周りの車に速度を合わせる。

やっぱり周りの車も40kmくらいで徐行している。

途中道が完全に凍りついている箇所などもあり、ひやひやだ。

そしてチェーンの必要性についての問題が再燃。

分からんわ。いるのかいらないのか。

スタッドレス(推定)だから大目に見てくれるかもしれないという甘い期待。

20分くらい運転して高山西ICに到着。

途中からずっと軽四に煽られていた。知らん。

高速に乗ったが、すごい勢いで右から抜いていった。

運転者は若夫婦みたいだった。あんな運転して事故らんのやろうか。

とはいえ高速道路上は凍結も積雪もなく、そこそこの速度を出した。

景色のきれいさがやばい。

雪の高山帯を縦貫しているため、トンネルを出ると毎回絶景が広がる。

真っ白な雪山に吸い込まれていく感じだ。なかなか楽しいドライブだ。

途中飛騨トンネルというのがあった。

距離を見ると5ケタあった。えっ5ケタ?

10km近くあるトンネルだった。ほんとに長い。でかい。

これを掘るってのがすごい。どんだけ時間がかかるんだろうか。

その後も何本かトンネルを抜け、出た先のインターで降りた。

白川村付近に到着である。

広告を非表示にする