読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾鷹ステマクラブ

旅行記とか雑感とか、忘れる前にとりあえず書いてます。

2016/08/11(木) 対馬一周1日目④ 厳原

歩いた距離はなんでもないのに暑さのせいで3人とも疲弊していた。真夏のお昼に歩きまわりゃあこうなる。自分はほっかむりみたいなことをしているからよかったが後の2人は帽子とかそういう装備がないし水分も枯渇していた。

そんな訳で、対馬市観光センターに再び戻る。自分と丸山はレッドキャベツというスーパーをぐるっと周り、物価やら品ぞろえを見てみた。離島だからそこそこ足元見た値段設定になっているのかと思いきや別にそんなことはなく防府よりちょっと高いくらいかなと思った。

おびただしいほどの水分を3人とも買い、なんでか冷房のきいてない広場でぐだーっとし、トイレ行ったり喋ったりして、再び出発した。とりあえず厳原を散策してみようということになる。

今思えば夜ここで泊まるんだから、夕方でも夜でも歩けばよかったのだ。炎天下で歩くことはなかったと思う。

丸山は古い港が見たいらしい。そんなもんは防府にもいっぱいある。中関にもあるやんか。とか言うと歴史的な港らしい。なら行ってみようか。

海沿いの町をぐるーっとするとなんか古そうな港はあったもののよく分からなかった。道路と海はきれいなのだがいかんせん、ゴミがたくさん落ちている。なんかもったいないところだなと思った。そして海底になんか沈んでいてなんだろうと思ったら自転車だった。水がきれいなためにそんなもんが投棄されてるのが見えて皮肉なもんだなと思う。誰が捨てたんだろうか。

途中、対馬バーガーKIYOというお店に入ってみたら昼の仕込みのぶんが終わったから作るのに40分かかるということで仕方なく出た。ここはまた機会があれば来よう。

 

作りかけのファミマとかを見ながら元の観光センターのところに戻った。時間は15時半くらいである。夕食は19時からの予約。割と時間が余っている。こんなときどうする、というのはあらかじめ話をしていた。

それは対馬南の探索である。どれだけの規模の集落なんだろうということや、山っぷりや交通量が気になっていたのだ。

そんな訳で厳原を更に南下することになる。案野さんに決定権はない。とりあえずクリーンセンターとかあるらしいけど他は何も情報もない。未開の地を進むイメージだ。とりあえず地下駐車場に戻り、車に乗り込む。だんだんとアクアに慣れてきて、前のダッシュボードにペットボトルを詰め込んだり財布やら眼鏡やらを好き放題置くようになってきた。

これから2~3時間、山道ドライブの始まりである。

広告を非表示にする