2016/08/12(金) 対馬一周2日目⑤ 大船越

対馬北部を一周し終わり、朝通った道を逆に進む。

まだ宿に行くには早かったので、途中空港に寄ってお土産を物色。

だがロビーにはお土産コーナーがなかったので、あきらめて宿に行った。

 

18時頃、大船越にある宿に到着。今日は民宿に泊まる。

駐車場に車を停めて中に入る。

大きな玄関があり、真ん前には広間があった。

右に受付があるのは病院っぽい。

吹き抜けの上に2Fが見える。部屋がたくさんあるようだ。

民宿というから民家みたいなの感じかと思っていたが、普通の宿泊施設だ。

受付を済ませ、部屋の鍵を貰った。部屋の名前は魚の名前である。

2Fの1番奥の部屋だった。

 

中に入るとその部屋のなんと暑いこと。ずっと締め切っていたらしい。

とりあえず冷房を付ける。ごはんの時間は18時らしいので待つことにした。

民宿の中を探索。おばあちゃんたちが忙しなく料理を作っている。

風呂は共用である。右が男性で左が女性。

宿を探検するのは楽しい。

その後はテレビなどを見て過ごした。

 

20時になったので大広間に行き、席に案内された。

びっくりした。量の多さが尋常ではない。

ごはんやみそ汁だけではなく、小鉢いくつあるのかというレベル。

刺身も信じられない量が皿に乗っていた。

しかも豚肉の鍋がついている。天ぷらまである。

よく見るとサザエのつぼ焼きが1人2個置いてある。

それだけかと思ったら、アラの煮つけが大皿に乗せられてやってきた。山盛りだ。

これで1泊2食付き1人6000円である。すごすぎ。大当たりの宿だ。

料理もまた1つ1つがすばらしく美味しい。

丁寧に作られてるし、酢味噌とかダシの味もいい。みそ汁も絶品だ。

鍋も刺身もアラも天ぷらもマジでうまい。

刺身は食べても食べてもなくならなかったので5枚重ねにした。贅沢すぎる。

3人とも大満足の食事だった。

たぶん丸山がいなかったらアラは食べきれてなかった。

後ろの席のじいさんと観光客のおっさん(たぶん初対面)の会話が面白かった。

 

部屋に戻ると外が騒がしい。恐らく民宿のオーナーの家族が帰省してきている。

卓球したりBBQしたりとまあ~ドンパチやっている。楽しそうでいいね。

その後風呂に入ったが、風呂の中にその声が響き渡っていた。

風呂は広めのユニットバスだった。

脱衣所には巨大扇風機が置いてあった。

 

その後は部屋でゆったりと過ごす。

外に自販機があったのでお茶を買いに行った。夏の潮風が心地よかった。

テレビを付けると対馬のローカル番組があったので3人で鑑賞した。

対馬の集落探訪みたいな番組だった。今日車で通った琴(きん)地区が出ていた。

庄司さんとなんとかさんという2人のおじいさんにインタビューしていた。

地域のおじいさんおばあさんばっかりが登場していた。なんかほのぼのする。

その番組が終わった後、対馬ローカルCMが流れ始めたのでそれも鑑賞。

なんでかしらんけど疲れもあってすごい面白かった。(?)

・三笠優子ディナーショー

大江裕ディナーショー(ティアラにもポスターがあった)

・ハンバーグステーキロワール従業員急募(ドリンクバー半額らしい)

・酒井写真館でお誕生日記念写真を撮りませんか

などのCMである。根緒とか今日知った地名が出てきてにやにやした。

 

そして明日のことを決めてから就寝。

外はようやく落ち着いたようである。

島の風景をたくさん見ることができて満足な1日だった。

景色とか、島の人と人との関わりとか。

いろんな角度から対馬を見ることができ、対馬に溶け込んだような気分になる。

いい旅行してるな~とか思った。明日が最終日。対馬をもっと満喫しよう。

天気予報は快晴だと言っていた。

広告を非表示にする